英語

【英語】あなたが知らないCouldの4つの使い方

Couldの意味は、「~できた」だよね! と思っていませんか? もしCouldが過去の能力を表すだけだと思っていたら、ぜひ今記事を読んでください。 Couldの意味は、能力、可能性、提案、許可の4つです。 今回は超重要なCouldの4つの使い方を解説します。 過去の能力Could まずはCouldの

  • …続きを読む
  • Couldの意味は、「~できた」だよね!

    と思っていませんか?

    もしCouldが過去の能力を表すだけだと思っていたら、ぜひ今記事を読んでください。

    Couldの意味は、能力、可能性、提案、許可の4つです。

    今回は超重要なCouldの4つの使い方を解説します。

    [toc]

    過去の能力Could

    まずはCouldのおさらいをしましょう。

    学校や塾で、CouldはCanの過去形で意味は「~できた」、と習いますよね。

    これは間違いではありません。

     

    I could swim very well when I was young.

    若かったころは、上手に泳ぐことができたんだよ。

    Couldは助動詞なので、後ろに続く動詞は原型。

    過去の能力を表していますね」。

     

    She could speak French before.

    彼女は昔、フランス語をしゃべることができたんだよ

    今はしゃべることができないけど、昔はフランス語をしゃべることができた。

    もう大丈夫ですよね。

     

    今回の本題は残り3つの知られざる使い方です。

    おさらいはここまでにして、さっそく本題に入っていきましょう。

     

    可能性のCould

    Couldには現在もしくは未来の可能性を表す用法があります。

    意味は「~かもしれない」です。

    例文を見ていきましょう。

     

    It could be green.

    緑色かもしれない

    これは過去形ではなく、現在形の文であることに注意。

    断定ではないので、「もしかしたら違うかもしれないけど、緑色かもしれない」というニュアンスがあります。

    はっきりと、「これは緑だ!」と言うときには

    It’s greenですね。

     

    The situation could get worse.

    状況は悪化するかもしれない。

    これは過去の文章ではなく、未来の文章です。

    現在の状況が将来悪化する可能性があるけど、100%悪化するというわけではないということですね。

    100%悪化するときは、The situation will get worseです。

     

    可能性のCouldは自信がない性格ですが、たまに大げさになるときもあります。

    絶対にできないのに、「できるかもしれない」と表現するのです。

     

    I’m so hungry. I could eat a horse.

    お腹ペコペコだよ。馬一頭食べれるね。

    本当に馬一頭食べれるわけではありませんが、それくらいお腹ペコペコということです。

    ちなみにI could eat a horseは「馬一頭食べれるくらい、お腹ペコペコ」という意味です。

    大げさのCouldをよく表現している熟語ですね。

     

    提案のCould

    Couldには提案の用法もあります。

    意味は「~できる」ですが、能力ではなく提案のニュアンスということに注意してください。

     

    I have to be in the class at 8, but the train doesn’t come until 8:10.

    8時にはクラスにいなきゃいけないけど、電車は8時10分まで来ないんだ

    You could get an earlier train.

    もっと早い時間の電車に乗ればいいじゃん

    提案のニュアンスが出ていますよね。

    「乗れる」と訳せばCanの能力用法と似ていますね。

     

    You could study English if you don’t have anything to do.

    もしすることがないなら、英語の勉強でもしたら

    提案のCouldは少々難しいですよね。

    これは慣れしかありません。

    たくさんの例文を見ていくと、何となく区別がついてきます。

     

    許可のCould

    能力の次によく使われるのが許可のCould。

    許可のCouldはCanよりもフォーマルで、丁寧です。

    そのためビジネスシーンや目上の人、もしくは見知らぬ人に対して使われます。

     

    Could you do me a favor?

    お願いがあるのですが。

    ビジネスシーンでよく使われる表現です。

    Can you do me a favor?よりも丁寧です。

     

    I don’t feel good today.  Could I leave earlier?

    今日は気分がよくないです。早めに帰ってもいいですか?

    許可を求めるCouldです。

    返答の仕方には要注意です。

    Yes, you could / No, you couldn’tと答えてしまいそうですが、これは間違い

    正しくは、Yes, you can / No, you can’tです。

    返答の仕方には、十分気を付けてください。

英語

【英語】AboveとOverの違いはなに?

「上に」という意味を表す前置詞と言えばAboveとOverですよね。 2つとも同じような意味を持っていますが、2つの単語の違いは説明できますか? AboveとOverは同じような使い方をするときもあれば、異なった使い方をするときもあるのです。 今回はAboveとOverの微妙な違いを紹介します。 A

  • …続きを読む
  • 「上に」という意味を表す前置詞と言えばAboveとOverですよね。

    2つとも同じような意味を持っていますが、2つの単語の違いは説明できますか?

    AboveとOverは同じような使い方をするときもあれば、異なった使い方をするときもあるのです。

    今回はAboveとOverの微妙な違いを紹介します。

    [toc]

    AboveとOverの主な違いは距離を表すか、行動を表すか!

    双子のようにそっくりな意味を持つAboveとOverですが、大きな違いが1つだけあります。

    それが使われる文脈。

    「~の上に」という意味のAboveは高さの距離を示します。

    それに対して、Overは動作を示すのです。

    例文を見ていきましょう。

     

    The plane is above the clouds.

    飛行機は雲の上にある。

    まずは高さを表すAboveの例文です。

    この例文ではAboveが使用されているので、「飛行機が雲の上にある」という事実が大切です。

    飛行機と雲の上下関係をAboveで表しています。

     

    The plane is flying over the city.

    飛行機は街の上を飛んでいる。

    今度はOverの例文です。

    意味は、Aboveとほとんど似ていますが、ニュアンスは違います。

    Overが使用されているので、飛行機が他の街から街へと動いているというニュアンスがあります。

    もちろん、Overがあるので、街の上を移動しているということです。

     

    何となく理解できたでしょうか?

    Overには動作を示すニュアンスがあることを知っていると、とても便利ですよ。

    例えば、lean overという熟語。

    「傾く、寄りかかる」という意味のLeanにOverがついています。

    意味は推測できますか?

     

    She leaned over to see my Twitter.

    彼女は僕のTwitterを見るために~した。

    ~の部分には、どんな訳が入るでしょうか?

    上に乗っかるように傾くので、Lean overの意味は「身を乗り出す」です。

     

    このように熟語の意味を推測するのにも役立ちます。

     

    触っているかどうかでAboveとOverを使い分ける

    AboveとOverの違いは、動作があるかどうかだけではありません。

    モノとモノが触れているかどうかで、使い分けることもできます。

     

    あるモノが対象と触れていたらOverが使われます。

    逆に、Aboveは使うことができません。

     

    He put a blanket over her.

    彼はブランケットを彼女にかけた。

    ブランケットというものが、彼女という対象に触れていますよね。

    だから、Overです。

    He put a blanket above herだと間違いなので要注意が必要。

     

    I put my hands over my eyes, because I didn’t want to see what would happen.

    何が起こるのか見たくなかったから、手で目を隠した。

    あなたの手を目において下さい。

    手が目を覆っているのでOverです。

     

    では手を耳に置いてみてください。

    手と耳が触れているので、これもOverですね。

    Overと数字の相性は抜群!

    ここからは、AboveとOverの数字に関する用法を見ていきましょう。

    まずは数字を伴った場合。

    数字を伴う場合は、基本的にOverが使用されます。

     

    I got over forty letters yesterday.

    昨日、手紙を40通以上も受け取ったよ。

    Overの後ろにはFortyという数字が来ていますね。

     

    He ran over 50km.

    彼は50キロ以上も走った。

    数字とOverの相性は抜群!でしたよね。

    He ran above 50kmとはなりません。

     

    There were over 200 people at the party.

    パーティーには200人以上の人々がいた。

    もう大丈夫ですよね。

    この手の文法問題が出ても、AboveではなくOverを選ぶことができるようになりました。

     

     

     

英語

【英語】Across、Over、Throughの使い分けをマスター!

Across、Over、Throughは意味が似ていて、混乱しやすい単語です。 これら3単語は、ある側からもう一方の方へと移動するイメージがあります。 例えば、山を越えたり、道路を渡ったりするときにAcross、Over、Throughが使用されるのです。 では、いつAcrossが使われて、いつOv

  • …続きを読む
  • Across、Over、Throughは意味が似ていて、混乱しやすい単語です。

    これら3単語は、ある側からもう一方の方へと移動するイメージがあります。

    例えば、山を越えたり、道路を渡ったりするときにAcross、Over、Throughが使用されるのです。

    では、いつAcrossが使われて、いつOverもしくはThroughが使われるのでしょうか?

    今回はAcross、Over、Throughの使い分けを紹介します。

    [toc]

    Acrossの使い方

    Acrossは「横切って、超えて」という意味のある英単語です。

    Acrossのイメージは、限りのあるものを横切るということ。

    例えば、川や街、そして道路などを渡るときにはAcrossが使用されます。

    例文を見ていきましょう。

     

    He walked across the road.

    彼は道路を歩いて横切った。

    この例文では、彼が歩いて道路を横切ったことを表していますよね。

     

    When I first saw you from across the room, I could tell that you were curious.

    部屋の向こう側から君を始めてみたとき、君が僕に興味を抱いていることはわかったよ。

    これはOne DirectionのPerfectという曲にある一節です。

    ここでAcrossは、「~の向こう側」という意味で使われています。

     

    The hospital is just across the road.

    病院は道路の向こう側にあるよ。

    Acrossで覚えていただきたいポイントは、平面の視点だということ。

    どの例文でも、Acrossは平面の関係で使われていますよね。

    1つの対象が地面についていて、もう1つは空中に浮いているということはありません。

    2つの対象が同じ視線を持っていたら、Acrossです。

     

    OverもAcrossと同じように、「横切っている、わたっている」というニュアンスがあります。

    Acrossとの違いは、Overは高さがあるということ。

    Acrossが平面で使われていたのに対し、Overは何かを乗り越えるように横切ることができるのです。

     

    The plane is flying over the mountain.

    飛行機は山の上を飛んでいる

    この例文でAcrossは使用されません。

    山という高さがあるものを超えるイメージで横切っているので、Overが使用されます。

     

    Throughの使い方

    Throughもまた、Acrossと同様に何かを通り抜けているイメージです。

    Acrossと異なる点は、何かの中を通り抜けているというニュアンスがあること。

    例えば、森の中や草むらの中を通り抜けるときにはThroughが使用されます。

     

    We went through the tunnel.

    僕たちはトンネルの中を通り抜けた。

    トンネルの「中」を通り抜けるので、AcrossではなくThroughです。

    何か囲まれたものを通り抜けるときには、Throughですね。

     

    I like to walk through the sun flowers.

    ひまわりの中を歩くのが好きだ。

    イメージとしては、背の高いひまわりの花がたくさん生えているひまわり畑の中を歩いているということ。

    ひまわりの花に囲まれた中を、通り抜けているのでThroughです。

     

    Throughには、ある時の始まりから終わりまでを示す用法もあります。

    この用法での意味は、「~から・・・まで」。

    例文を見てみましょう。

     

    I have to go to school through Monday to Friday.

    月曜日から金曜日まで学校に行かなくちゃいけないよ。

    I stayed awake through the night yesterday.

    昨日は一晩中、起きていたよ。

     

    時間のThroughを使うときには1つだけ注意点があります。

    それは、特定の時間や曜日、週などを表すときにはOverを使うということです。

     

    I haven’t seen her over four years.

    4年以上、彼女のことを見かけていない。

    「4年」という特定の時間について話していますよね。

    だから、ThroughではなくOverが使用されます。

    Throughが使用されるのは、通学日、働く日、お店のオープン時間など一般的な時について話すときです。

英語

【英語】Used ToとBe Used Toの違いはなに?

Used toとUse toはよく似ています。 見た目の違いは、Beがつくのかどうかだけです。 では、いつBeをつければいいのでしょうか? Used ToとBe Used Toは英語を使う上で重要な表現です。 今回はUsed to、Be Used Toの使い方をマスターできるようにわかりやすく解説し

  • …続きを読む
  • [toc]

    Used toとUse toはよく似ています。

    見た目の違いは、Beがつくのかどうかだけです。

    では、いつBeをつければいいのでしょうか?

    Used ToとBe Used Toは英語を使う上で重要な表現です。

    今回はUsed to、Be Used Toの使い方をマスターできるようにわかりやすく解説します。

    Used Toの意味は?

    まずはUsed toの意味を見てみましょう。

    Used to~の意味は「かつて~していた」

    昔の習慣や行動を表すのがUsed toなのです。

    例文を見てみましょう。

    I used to drink tea every morning but now I drink coffee.

    昔は毎朝紅茶を飲んでいたけど、今はコーヒーを飲んでいるよ。

    この例文ではButの前が過去の習慣、Butのあとが現在の習慣を表しています。

    昔は紅茶を飲む習慣があったのでUsed toが使用されています。

    過去の習慣:I used to drink tea.

    現在の習慣:I drink coffee.

    He used to live in Tokyo but now he lives in Fukuoka.

    以前彼は東京に住んでいたけど、今は福岡に住んでいる。

    この例文をわかりやすく2つに分解してみましょう。

    過去の行動:He used to live in Tokyo.

    現在の行動:He lives in Fukuoka.

    このように2つに分けてみると、簡単に理解することができますね。

    ここまで見てきてわかるように、Used toは過去の習慣や、過去の継続的な行動を表現します。

    Used toを否定文で使用するときは注意が必要です。

    Used toを否定文で使用するときには、didn’tが登場します。

    例文を見てみましょう。

    I didn’t play baseball on Sunday.

    以前は日曜日に野球しなかったよ。

    この例文のように、普通の過去形の否定文の形になります。

    Used toは使われていませんよね。

    しかし、used toをそのまま使って、否定文を作ることもできます。

    I didn’t use to play baseball, but now I play.

    昔は野球しなかったけど、今はするよ

    このようにdidn’tとused toを組み合わせることはできますが、あまり一般的ではありません

    否定文でused toを使用するには、Neverを使うのが一般的です。

    I never used to smoke.

    僕はタバコを吸ったことがないよ

    NeverとUsed toの組み合わせは、一般的です。

    Used toを使った否定文を作るには以下の2パターンが考えられます。

    1.didn’tを使用する

    I didn’t play the piano.

    2.Neverを使用する

    I never used to play the piano.

    Be Used Toの意味は?

    Be Used Toの意味は、「~になれている」です。

    過去の習慣を表すUsed toとは意味が全く違いますね。

    例文を見てみましょう。

    I am used to eating sushi.

    寿司を食べるのに慣れました。

    be used toの後ろにくる動詞はing形になります。

    He was not used to playing baseball.

    彼は野球をプレーするのになれていなかった

    過去形ですが、意味は同じく「慣れる」ですね。

    注意はbe used toとget used toの違いです。

    be used toは「すでに慣れている」というニュアンスです。

    しかし、get used toは「慣れてきている」というニュアンスです。

    例文を見てみましょう。

    He was not used to playing baseball.

    彼は野球をプレーするのに慣れていなかった。

    He was getting used to playing baseball.

    彼は野球をプレーするのに慣れてきた。

    He is used to playing baseball now.

    今では彼は野球をプレーするのに慣れている。

    上の3つの例文で、野球をするのに慣れてきている過程がはっきりとしますよね。

    Get used toとBe used toは似ているようで、違うので要注意です。

    Used ToとBe Used Toは似ていますが、用法は全く違います。

    どちらも超重要表現なのでマスターしておきましょう。

英語

【英語】EverybodyにはIs?Are? ややこしい主語と動詞の関係

「この主語の時、動詞は単数形になるのかな?それとも複数形?」 このような悩みを持つ方は多いです。 主語によって動詞が単数形か複数形になります。 ややこしいのがEverybody、Everyone、そしてNone。 これらの3単語は単数形扱いになるのか、複数形扱いになるのか判断付きにくいです。 今記事

  • …続きを読む
  • 「この主語の時、動詞は単数形になるのかな?それとも複数形?」

    このような悩みを持つ方は多いです。

    主語によって動詞が単数形か複数形になります。

    ややこしいのがEverybody、Everyone、そしてNone。

    これらの3単語は単数形扱いになるのか、複数形扱いになるのか判断付きにくいです。

    今記事では3つの単語が単数形になるのか、複数形になるのか解説していきます。

    Everybody

    Everybodyは「誰も、誰でも」という意味のお馴染みの単語ですね。

    Everybodyは「この人も、あの人も、その人もみーんな」というニュアンスなので、複数形と勘違いしがちです。

    しかし、Everybodyは単数形扱いになるのです。

    つまり、Everybodyの後に続く動詞はisではなくare、そして動詞には3人称単数のsがつきます。

    Everybodyは気まぐれな奴ですよね。

    複数形に見えて、実は単数形と同じ働きをしますから。

    例文を見て、理解を深めていきましょう。

    Everybody is happy.

    みんな幸せです。

    主語がEverybodyなので、続く動詞は単数形になりますね。

    だからIsです。

    Everybody needs to clean the classroom.

    皆が教室を掃除する必要がある。

    もう大丈夫ですね。

    Everyoneは単数形なので、続く動詞には三人称のsがつきます。

    だからNeedではなくNeedSとなっています。

    ではEveryoneはどうでしょうか?

    Everyoneも同様に、単数扱いとなります。

    Everyone is happy.

    みんな幸せです。

    Everyone needs to clean the classroom.

    皆が教室を掃除する必要がある。

    ちなみにEveryoneとEverybodyの違いはご存じですか?

    どちらも意味は同じですが、Everyoneのほうが少しだけ丁寧な言い方です。

    ビジネスやフォーマルな場ではEveryoneを使用して、日常会話ではEverybodyを使用すればいいですね。

    Noneは単数形にも複数形にもなる

    Noneは単数形にも、複数形にもなることができます

    実はNoneはややこしい単語で、ネイティブでも正しく使えていない人がいます。

    多くの方は、Noneは単数形のみだと考えていますが、複数形にもなることができるのです。

    Noneが単数形になるときの意味は、「1つも~ない」。

    この単数形での意味の時は、no oneと同じですね。

    例文を見て確認していきましょう。

    None of the students in his class causes any trouble.

    彼の教室の生徒たちは、誰も問題を起こさない。

    Noneの基本の形は以下の通りです。

    None of the 名詞 ~

    名詞の前には必ずTheがくることに要注意。

    例文では、名詞がStudentsと複数形になっていますが、動詞は単数形になっていますね。

    もう1つ例文を見てみましょう。

    None of the water is drunken.

    どの水も飲まれない

    None of the 不可算名詞という形になっていますね。

    不可算名詞がついていますが、主語が単数形なので動詞はIs。

    Noneが複数形扱いされるときは、主にスピーキングの時です。

    また、話している内容が複数形を表すときにはNoneも複数形になります。

    例文を見てみましょう。

    I asked my friends to come to my home, but none of them are coming.

    友達に僕の家に来るように言ったけど、誰も来ていない。

    ここでのThemとはMy friendsのことです。

    My friendsは複数形なので、None of them AREと複数形扱いになっています。

    この例文のように、明らかな複数形が主語になるときはNoneも複数形扱いになります。

    そちらの方が、より自然です。

    しかし、注意点が1つ。

    Noneを複数形扱いにすると、減点される可能性もあります

    基本的にNoneの単数扱いはフォーマルで、Noneの複数形扱いはインフォーマルとみなされます。

    試験などでは、無難にNoneは単数形扱いにした方がいいでしょう。