CATEGORY 国語

国語

早稲田大学文化構想学部【国語】|2019年入試の傾向と対策と効率的な勉強法について

<この記事は2018年11月5日(月)に更新されました> 早稲田大学文化構想学部 このブログでは、早稲田大学文化構想学部の国語に関する入試対策(出題傾向と勉強法)をご紹介していきます。 基礎知識0の状態から合格するためには何をどのようにしたら良いのかを参考書の使い方まで徹底解説! 全体概…続きを読む<この記事は2018年11月5日(月)に更新されました>
早稲田大学文化構想学部
このブログでは、早稲田大学文化構想学部の国語に関する入試対策(出題傾向と勉強法)をご紹…

国語

早稲田大学文学部【国語】|2019年入試の傾向と対策と効率的な勉強法について

国語が難問ぞろいの早稲田大学にて文学部の国語はひときわ難度が高くなっています。現代文の難度は早稲田標準レベルまたは少し上くらいだが、古文漢文が他の学部に比べてレベルが高いのが特徴です。

評論文2問、古文、漢文という構成です。
早稲田大学には珍しく古文漢文融合問題が出題されることはなく、漢文だけで大問が構成されています。
国語の配点は高いので基本的な問題で点数を落とすことのないことが望まれます。

国語

早稲田大学スポーツ科学部[国語]|2019年入試の傾向と対策と効率的な勉強法について

現代文2問と古文漢文融合問題の3問から構成されています。国語が難しい早稲田大学の中でも標準的な問題が出題されます。年によってはスポーツと近代の関係を細かく問われるためこのあたりの関係性についても確認しておくとよいでしょう。
漢文は、出題数としては1,2問ですが、合格するためには正解が必要不可欠となります。