慶應義塾大学理工学部 偏差値30から本番で圧勝するための徹底対策

慶應義塾大学入試データ

入試動向

入学難易度

ico_grade6_4 4.0

入学試験時にに学門と呼ばれる「物理、数学、化学、メカニクス、情報」に対応した他大学では学科のようなものから1つを選びます。入学後には学門とは関係なく理工学部全体を見ることができるので、この点は早稲田よりも自由が効く形になっています。

また一つ注意点としては、慶應の理工学部では物理、化学での入試が義務つけられています。生命情報学科の学生であっても生物での受験ができないので生物選択者は気をつけてくださいね。


定員志願者  受験者実質倍率合格者  補欠入学

許可者
全体男性女性全体男性女性
2302,0091,4395701,827537425811638

現役浪人の比率は合格者数2,562人に対して現役1,345人と現役の比率52.5%となっています。

 

合格最低点

受験科目と配点は、英語150点、数学150点、物理100点、化学100点の計500点となっています。

受験者平均点が277点、合格者最低点が324点で割合だと、65%となっています。

 

科目別対策

英語対策はこちら

数学対策はこちら

化学対策はこちら

物理対策はこちら
早慶入試対策

早慶の勉強でわからないことがある方はこちらからご相談をどうぞ!

無料受験相談をしています。

早慶 受験相談

あなたに足りないのは勉強時間ではなく、どのように勉強をすればよいのか?ということ

成績を上げるために才能は必要ありません。 当塾では生徒を成績を圧倒的に上げるための個別カリキュラムメソッドを用意しております。 成績を短期間に圧倒的におこなうための再現性の高い勉強法で、志望校を目指しましょう! 勉強効率が2.5倍上がるカウンセリングも行っています。 まずは、お気軽にご相談を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です