第6回:生まれつきの思考スピードを秒速で変える訓練

非常識な勉強の技術

 

皆さん、こんにちは!

さて今回も勉強の質公式の続きをしていきますね。*勉強の質公式について知りたい方はこちらから

第6回:思考スピードを高めるにはどうしたら良いのか?

皆さん、

施工スピード2

と思ってはいませんか?

もちろん、遺伝子レベルで人ごとに多少の違いはあると思います。

ですが、どんな人であっても訓練をすることで思考スピードを速めることができます。

今回は私の塾生が毎日行っている思考スピードの訓練の仕方をお教えしますね。

考える力2

上記のようなこれまで学んだ公式を使って1日に得た学びを、

夜寝る前に、『次の日の自分に渡したいこと』として1分間で1枚の紙に書ききるだけです。

38812  明日の自分 【塾生が実際に書いている例です。

全ての教科について、納得するまで何枚も書きまくってもらっています。

もちろん、単語ではなく、1分にして書いてもらっているので文章を書く力がつき、どんどん思考力が湧いてでてきます。

 

1分間なんて短すぎる!と感じる方はどうするか?

もちろん、いきなり1分間でやってできる人はいません。

私の塾生でも1分間では短すぎるという人がほとんどでした。

ですが、30枚くらい書くと徐々になれてきて1分でもどんどん言葉が溢れてくるようになります。

訓練とはそういうものです。始めからできるのであればする必要がありません。

できないことを繰り返しすることによってできるようになるのです。

受験生にとっては1分であっても決してムダにしてはいけません。

1分でどれだけ内容を思い出せるかが大事です。

特に早稲田や慶應大学は超長文がでてくるのでいかに思考のスピードをつけて処理能力を高めていくkが大事です。

皆さんもぜひしてみてくださいね。

1週間程度では全く意味がないですが、1-2ヶ月もすれば効力が目に見えて現れてきます。

それでは、本日は以上です。

本日のまとめ
  • 慶應早稲田に受かる人は努力ができる
  • 思考スピードは変えられる

次回はHIRO AcademiAの勉強公式の1つ計画についてお話しします。

非常識な勉強の技術

目次

あなたに足りないのは勉強時間ではなく、どのように勉強をすればよいのか?ということ

成績を上げるために才能は必要ありません。 当塾では生徒を成績を圧倒的に上げるための個別カリキュラムメソッドを用意しております。 成績を短期間に圧倒的におこなうための再現性の高い勉強法で、志望校を目指しましょう! 勉強効率が2.5倍上がるカウンセリングも行っています。 まずは、お気軽にご相談を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です